古物商の許可|取得にかかる全費用の内訳を公開

古物商の許可を取得しようと思ったとき、気になるのが費用感だと思います。

「古物商の許可申請、自分で申請する場合の所要費用はどのくらい?」
「代行サービスの費用相場はどのくらい?」

この記事は、このような疑問をお持ちの方に向けて書いています。
全体総額を示しながら、内訳の費用明細も示して解説していきます。それではまいりましょう。

1. 所要費用の全体像

古物商の許可申請にかかる費用はおおきく3つに分類することが出来ます。
総額で考えると、約2.2万円~の費用が必要となります。

申請手数料

警察署が審査事務を行うための手数料として、19,000円がかかります。
これは、申請書が受理された際に、支払うことになります。

書類の取り寄せにかかる費用

古物商の許可申請の添付書類として、お役所から各種書類を取り寄せる必要があります。

代表者・役員・管理者の全員につき、住民票と身分証明書を取り寄せる必要があります。
所要費用は1名につき1300円程度となります。

住民票 300円程度
身分証明書 300円程度
定額小為替発行手数料 100円×2件=200円
郵便切手 82円×4枚(2件分の往復分)=328円
定型封筒 100~200円

また、法人の場合は、履歴事項全部証明書(1通につき500円~600円)も取り寄せる必要があります。
営業所が自己所有の物件の場合は、不動産登記簿謄本が必要となる場合もあります。

古物商の許可の必要書類については、こちらの記事で詳しく解説しております。

古物商の許可|必要書類一覧と書き方・集め方

古物商許可プレート・標識の製作費用

許可が無事降りたら、営業所に古物商の許可プレート・標識を掲示する義務があります。
これは、許可申請とは別に、自分で用意しなければならず、2,000~3,000円程度の費用がかかります。

古物商の許可プレート・標識については、こちらの記事で詳しく解説しております。

古物商の許可プレートの入手方法・掲示方法

2. 専門家へ依頼した場合の費用相場

日本行政書士連合会のホームぺージで報酬額の統計が発表されています。
この統計によると、古物商許可申請手続きの平均報酬額は49,713円、最頻値は50,000円となっています。

専門家に依頼する場合は、この金額に警察署への申請手数料等が加算されることとなりますので、総額約70,000円程度~が相場であると考えて良いでしょう。

3. ショシナビ古物商の料金プラン

ショシナビ古物商は、Webで簡単に「古物商の許可申請」を丸投げできるアプリです。

完成済の書類一式がご自宅に届くスタンダードプランが基本料金19,800円、提出代行までお任せできるプレミアムプランが基本料金42,000円で提供しております。
上記基本料金の他、法人の場合(+3,000円)、役員2名以上の場合(+3,500円/1名)、営業所2ヶ所以上の場合(+3,000円/1ヶ所)のオプション加算を頂いております。

ショシナビ古物商にお任せいただけば、

  • 住民票や登記簿などの書類集めは事務センターが一括で代行
  • 警察署への事前調整、地域ごとの記載ルールへの準拠、提出書類全体の整合性チェックは1件ずつ専門家が対応
  • 完成済みの提出書類一式が、あとは捺印だけの状態でご自宅に届きます

古物商の許可申請は、申請書作成のための細かいルールも多く、補正のために何度も警察署に足を運んだ経験を持つ方も少なくありません。
Webアプリを活用して、面倒な手続きはお安く丸投げしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

古物商の許可申請をするためには、2.2万円程度~の費用が必要となります。
専門家に依頼する場合の、平均報酬額は5万円程度です。

古物商の許可申請は、警察署ごとのローカルルールが強く、申請に向けて警察署と調整しなければいけない事項があります。
また、申請書類の書き方や、添付書類同士の整合性など、きちんとルール通りに書類を準備しないと、窓口で補正を求められる恐れがあります。

専門家による代行サービスを活用すると、このような面倒ごとを回避することが出来ます

古物商許可のご相談は無料です

株式会社ショシナビは、行政手続きの”うんざり”をゼロにすることを目標として、行政手続きのデジタル化に挑戦している会社です。

弊社のWebサービス「ショシナビ古物商」を使えば、事前の調べモノなしに、フォームに必要情報を入力するだけで、古物商の許可に関する手続きを丸投げいただけます。

会員登録不要で許可が取れるか1分でわかる自動診断機能も是非ご活用ください。
また、電話やメールでのお問合せも無料ですので、お気軽にご連絡をいただければ幸いです。