12/25日付『リサイクル通信』へ代表皆川のコメントが掲載されました

2021年12月25日付リサイクル通信に、弊社代表皆川のコメントが掲載されました。
今夏リリースとなった「メルカリShops」を使って、古物の取扱いをする場合、古物営業法上「URLの届け出」が必要となります。
新規サービスの登場に伴い、必要となる添付書類に関し各都道府県公安委員会ごとに対応に違いが生じていることについて、注意喚起のコメントをさせていただきました。

古物商の許可申請は、各地域を管轄する警察署へ申請し、その後各都道府県公安委員会にて審査が行われます。
各所轄の警察署まで情報が周知されていないこともしばしばあり、追加補正書類を求められるリスクを最小化するためには、入念な事前確認が重要となります。

「メルカリショップス」に出店した古物商のホンネとは?
https://www.recycle-tsushin.com/news/detail_6707.php